好きなものは、自分で決めるので

私にとっての良いものを表現してくれる作品を愛でるブログ。

本:『嫌われる勇気 自己啓発の源流「アドラー」の教え』(岸見一郎、古賀史健)

今回は、岸見一郎さん、古賀史健さんの共著『嫌われる勇気』(ダイヤモンド社/2013年)について書きたいと思う。

出版から6年経ったいまでも、本屋で平積みされているのを見かけるぐらい売れている定番本である。
アドラーは、世界的にはフロイトユングと並ぶ心理学の三大巨頭のひとりとしてあげられるらしいが、日本ではまさにこの本が火付け役となっている(少なくとも、私はこの本でアドラーの考え方を知った)。

 

私にとっては、今まで読んだ「幸せに生きるための考え方」を説いたものの中で、最も腑に落ちるのがこの本であった。
今まで世間の提示する幸せへの考え方に違和感を抱き続けていたが、それを気持ちよく払拭してくれるような本である。
私が共感する表現者の多くが、そしてそういうものを享受しながらできた私自身の価値観が、実はアドラー心理学に繋がっていたことを知った。
「ひとりの例外もなく、いまこの瞬間から幸福になれる」というアドラーの考え方は、その言葉だけを聴くと、あまりにありふれた、しかも少々うさんくさい言葉のように思えるかもしれない。
しかしその内実は、非常に理にかなっている。よくある幸せに生きる方法に関する本とは、一線も二線も画している。

この中から、私が特に気に入った4つの考え方について紹介したい。

 

目的論

アドラー心理学では「トラウマ」を明確に否定している。
何かできないことがある場合、それは過去の「原因」があるからできないのではなく、いまの「目的」に沿って、過去の経験に「できない意味」を与えるだけだという。
できないことを認めたくない(目的)から、「できない意味」を与えているといい、この考え方を「目的論」と呼んでいる。

何か容赦ない考え方だな…というのが最初に知った時の感想である。
しかし、この目的論は裏返すと「過去はいっさい関係ない」という考え方のため、今ここから、ただ自分が自分の人生を決めればいいというシンプルな話だという。

なるほどたしかに、と納得がいった。
今まで「あの人は○○だから、□□なんだ」みたいな会話に対して、本人でもないのに勝手に決めるのはどうなんだろうと心の中で思っていたけれど、自分自身のことでさえ、原因なんて存在しない、というよりは、勝手に意味を与えていただけということだ。

辛い出来事があった時、心の底から辛いとその時々で本当に思ってきた。
けれどそれに寄りかかり、意味を与えて安心している部分が0では無かったことも、また確かに事実である。
その辛さ自体に関して、理解しあうことはこれからもしていきたい。言い訳や弱音を吐いてしまうことも、時には辞められないかもしれない。
だけど少なくとも、動けない理由として、何かを自ら言い訳にするのはかっこ悪いかも、ということに気づけたのは良かったなと思う。

 

課題の分離

アドラー心理学では、たとえば目の前に「勉強する」という課題があったとき、「これは誰の課題なのか(選択によってもたらされる結末を最終的に引き受けるのは誰か)?」という視点から、「自分の課題」と「他者の課題」を分離する。
そして、他者の課題には介入せず、自分の課題には誰ひとりとして介入させないことが、対人関係の出発点だという。
人は、他者の期待を満たすために生きているのではないし、他者もまた、あなたの期待を満たすために生きているのではない。
他者がどれだけ自分に注目し、自分のことをどう評価しているか、つまりどれだけ自分の欲求を満たしてくれるか、という承認欲求にとらわれている人は、他者を見ているようでいて、実際には自分のことしか見ていないという。
あくまで課題を分離したまま、全ての対人関係を「横の関係」として捉え、叱ることも褒めることもしない(評価しない)。かつ援助が必要な時には、精いっぱいの援助を行い、その先にまでは踏み込まないスタンスをアドラーは紹介する。

これも、多いに共感する。
以前ブログで紹介したダメをみがく①にも通じる考え方であるが、課題へ踏み込む行為は、単なる相手への深追いである。
相手への興味や好意をはかる材料として、「どれだけ相手に踏み込んでいるか」を気にする人も多いが、それは違うということをはるか昔にアドラーが示してくれていたことに対し、とても勇気づけられた。

 

 幸福とは、貢献感である

アドラーは、対人関係のゴールとして「共同体感覚」という概念をあげている。
これは、他者を仲間だと見なし、そこに「自分の居場所がある」と感じられることをいう。
そのためには、自己受容、他者信頼、そして他者貢献が必要だという。(この3つはひとつとして欠かすことができず、いわば円環構造として結びついている)
他者貢献については、それが役立ったかを判断するのは他者の課題であるため、介入できる問題ではない。
よって「わたしは誰かの役に立っている」という主観的な感覚、すなわち「貢献感」を持てればそれで良く、自らの価値を実感できるという。

この考え方で生きることができれば、考え方ひとつで誰でも幸福になることができるわけなので、本当に最強だなと思う。
「共同体感覚」は、アドラー心理学の中で最も難しい概念といわれているらしい。「共同体」とは、過去や未来、さらには動植物や無生物までが含まれるらしく、たしかにとても抽象的で、なかなか飲みこみにくい。
よって次の考え方とあわせて、考えたことを書きたいと思う。

 

人生とは連続する刹那である

人生が山頂にたどり着くための登山だとしたら、人生の大半は「途上」になってしまう。アドラーは、登山のように「線」としてではなく、点の連続、つまり連続する刹那として生を捉えている。
いまこの瞬間をくるくるとダンスするように生きることで、ふと周りを見渡したときに「こんなところまで来ていたのか」と気づかされることもあるが、どんな場所についても途上で終わったわけでは無い。
われわれの生は「いま、ここ」の中にしか存在せず、過程そのものを結果とみなし、「いま、ここ」を真剣に生きることで、人生は常に完結しているというのがアドラーの考え方である。

「いま、ここ」のみを注視するのは、(まったく詳しくないのだが)仏教や瞑想と繋がる考え方だなと思った。
文脈からは外れてしまうが、歴史は連綿と続いていて、現在にも繋がる思想や技術を体系的に深く理解するためには、歴史を知る必要があるんだなということを感じた。
こうやって知りたいことが増えていくのが、本をはじめとして誰かの考え方を知っていくことの楽しさでもあるなと思う。

「いま、ここ」を楽しいという思いで満たし続けていけば、楽しい人生だったと死に際に思えるというのは、私の軸となる考え方でもある。
そうなるためには、何に接し、何を摂取し、何を考えて自分をつくっていくかが重要だと考え、それをまとめて記録するための媒体が、このブログでもある。
方向性は間違いではない、というか間違いかどうかは誰にもわからないけど、とりあえず頼もしい味方がいるとわかった箇所である。

 

先ほどの貢献感の話、そしてこの本の全体的な考え方より、アドラーの言いたいことは「いま、ここ」の「目の前にいる人、もの、時間」に対して真摯に接することが、幸福かつ自由に生きるための方法である、ということではないだろうか。
「真摯に接する」というのは本当に難しいことであり、そのためにはどうしたらいいかについて、これからもこの本を中心にして考えてみたい。

アドラー心理学については、私もまだまだ断片的な理解に留まっており、この考え方を本当に理解して生き方まで変わるようになるには、「それまでに生きてきた年数の半分」が必要になるとさえいわれている。
現段階では、生きやすさに一番近づける論理的方法のような気がするので、気長にゆっくりと理解して染みこませていければと思っている。

 

『嫌われる勇気』は、ソクラテスの思想をプラトンが書き残したがごとく、青年と哲学者の先生(哲人)による対話篇形式を採用している。
上記で紹介したような考え方(点)について、青年は率直な疑問を投げかけ、それが対話を通して破綻無く繋がっていくため、全ページをじっくり読んで咀嚼することで、より納得感が増すのではと思う。

誰にでも実践でき、新たな考え方を示してくれるすばらしい本である。

 

嫌われる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教え

嫌われる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教え